ダイエット成功した人の方法とは?失敗しない痩せ方を探る

未分類

21829973

ダイエットの目標が視覚的にわかるものといえば、下腹部ヤセが真っ先に例示できます。下腹部付近をスリムにさせる努力を達成出来た女性たちは、どのようなプロセスを実行してスリム化する事が可能だったのか。
実際の事例は、貴女にとって信頼出来るアドバイスになると思います。出来てしまっているセルライトを消し去る策としては、指圧が有効です。
つまった血管の巡りをスムーズにしながら消費代謝を向上することで、徐々に醜いお肉をなくしていきましょう。リンパ腺指圧は、実は体重減少にも効能が有ります。
胴回りしかやせた様に指摘されたところで、現実は足や気になる腕まで細く変化してたりします。要するに、部分減らしたはずが全身を細くしてしまっている出来事が大多数でしょう。
多くのケースを読むことが、体脂肪が上昇しづらい体質を造る何らかの参考になるでしょう。毎日、朝の御飯を欠かさないだけで体温は上がっていきます。
平熱の上昇が基本熱量の膨張へと関係しますから、誰にでもできる痩身術といえます。第一に毎朝考えられた朝御飯を食する事が、太りづらい体調づくりの一歩目になるのです。
嫌なセルライトという物は、生体に不要な物と脂肪分といったものが凝固したものをあらわし、気になる浮腫といったものを抱える元ともされます。
悪化することで皮膚の層はデコボコと変化し、一般的な解決法では正常に戻す事のできない美容の敵なのです。根幹の代謝量を増進させる目的で体の熱を高く保つ方法は、きわめて効率的な方法であります。
ダイエットが達成できたダイエッターたちの中で、ベースの新陳代謝量を重視した方が沢山います。生活の改善によって絶対に減量できるやり方を身体に経験させる事も夢ではありません。

中高年の正しい痩せ方、ダイエットとはなんでしょ?

未分類

ss03

中高年の人で健康というと必ずと言って減量とかの話が出てきますよね。痩せている人ももちろん多いのですが、中年太りで腹部など一部だけに脂肪がついているとか、内臓脂肪でお腹が出ている人もも目立ちます。
ダイエットと聞くと何を想像しますか?食事制限?激しい運動?そんな事をしたってダイエットは成功しません。

そもそも、食事制限は体内に蓄えている脂肪をエネルギーに変えさせることでダイエットしますが、例えそんなことをしても元の食生活に戻ると元に戻ってしまいます。
また、今まで全然運動をしていないのにいきなり運動を始めても体がついていけません。ダイエットを成功させるには筋肉量を増やして脂肪を燃焼させやすくすることが大切です。

まず、太る食べ物=お肉ではありません。むしろ、筋肉を増やすにはタンパク質が必要なのでお肉は必要になってきます。
低カロリー高たんぱくの鶏肉が良いでしょう。また、運動は地上でやる運動ではなく水中でやる運動の方が良いでしょう。地上だと重力がかかって体に負担がかかりますが、水の中なら重力の影響を受けにくくなります。

つまり、水泳が一番ダイエットに良いスポーツなんです。水泳は全身を使うスポーツなので痩せやすいんです。
泳げない?大丈夫です。ただ水の中で歩くだけでも運動になるんです。筋肉痛にはなると思いますが、ジョギングの様に足が痛くなることはないと思います。
一番効果があるのはバタフライなのですが、結構難しいのでまずは歩くことから始めましょう。

 

メタボの原因、中性脂肪を下げる

未分類

ss01

ビタミンは、中性脂肪を減らすためには重要な栄養素です。中でもビタミンBは、身体に脂肪をつきにくくすると同時に、脂肪の代謝をよくしてくれます。
加えて、すでに身体についてしまっている脂肪を、エネルギーとして消費できる状態にするためには、欠かせない栄養素でもあります。
ビタミンBの働きを知って、中性脂肪を上手に減らしていきましょう。もっと積極的に中性脂肪下げるEPAサプリを使うべきです。

ビタミンBの働き
ビタミンBには、ビタミンB1、ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB6(ピリドキシン)、ビタミンB12(コバラミン)、ビタミンB13、ビタミンB15(パンガミン酸)、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、コリン、葉酸、イノシトール、PABAがあります。これらを総称して、ビタミンB群と言います。
ビタミンB群は主に、炭水化物・脂肪・たんぱく質の代謝に作用します。また、ビタミンB群は、互いに助け合うことで機能します。そのため、特にB1、B2、B6の3つは、同時に摂取することが望ましいと言われています。

ビタミンBを多く含む食べ物
ビタミンBの中でも、B2、ナイアシン、葉酸は、中性脂肪を分解する働きに優れています。これらを多く含むのは、次のような食べ物です。
●B2:牛・豚・鶏のレバー、海苔、魚卵など。
●ナイアシン:魚卵、マグロ、カツオなど。
●葉酸:牛・豚・鶏のレバー、海苔、納豆など。
ただし、いずれの食べ物にしても、食べ過ぎてしまうことは禁物です。
ビタミンBを積極的に摂取して、中性脂肪を正常範囲内で維持することを目指しましょう。

中性脂肪とは、人間が活動するときに、エネルギー源となる物質です。
別名をトリグリセリド(トリアシルグリセロール)と言って、健康診断の結果では、TGなどで表記されています。
中性脂肪の役割としては、活動時のエネルギー源となるほかに、内臓の保護や、体温の維持などがあります。
このように、人間が生きていくためには欠かせない物質ですが、この中性脂肪が多すぎても少なすぎても、私たちの健康に悪影響を及ぼします。どちらの場合でも、最初に見直すべきは生活習慣です。
何より、乱れた食生活によって、中性脂肪は増えてしまいがちです。そして、一度増えてしまった中性脂肪は、なかなか減らすことができません。
適度な運動や、糖質や脂質の制限、また中性脂肪を減らす働きのある栄養素の摂取など、積極的な対処が必要です。

中性脂肪にいいリンゴを食べよう

未分類

sss02

人間ドックや健康診断で中性脂肪の高さを指摘された経験はありますか。いわゆる生活習慣病に該当している人は、もれなく中性脂肪も高めになる傾向がありますよね。
そもそも中性脂肪とはどんなもので、何故下げる必要があるのでしょうか?そして下げるために必要なことは?
中性脂肪を下げる為に有効な対策は様々ありますが、身近な食材であるりんごにもそのパワーが秘められているそう。りんごは中性脂肪にどんな影響を与えるのでしょうか。

そもそも中性脂肪とは?
中性脂肪が高いこと=悪いという概念は何となくありますが、具体的に何が良くないのでしょうか。
そもそも中性脂肪とは人が活動する上で必要なエネルギー源のこと。
食べたものが肝臓で中性脂肪として生成され、それが血液によって全身に運ばれ、内臓や皮下に「脂肪細胞」として蓄えられます。この脂肪をエネルギー源として燃焼し、人は活動することができるのです。つまり中性脂肪自体は悪いものではなく、人間に必要な脂肪であるのです。
人間の体がこのように脂肪を溜めこむようになったのは、農耕民族になる前の段階だと言われています。狩猟生活をしている時代は、日々安定した食料を得ることが不可能です。そのため中性脂肪として確保しておくように進化したという訳です。

中性脂肪増加による影響は?
しかし農耕民族なって以来、というよりも飽食の時代になっている現在では、溜めこんだ中性脂肪を切り崩していく必要性は薄れてきていますよね。
それどころか1日に必要なカロリー以上を摂取することの方が多くなり、それによって余分な脂肪が溜めこまれるようになってしまう。中高年になると基礎代謝も下がり運動量も減少するので、若い時と同様な食生活を続けていると、中性脂肪が増加してしまうのも当然の結果なのです。

こうして中性脂肪が増加すると、体にどんな悪影響を与えるのでしょうか。
まず血中に脂肪が増えるので、血管が詰まりやすくなったり血管内壁の細胞も傷つきます。
これは動脈硬化症を起こす原因ともなるもの。それを起因として脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞といった疾患に繋がる可能性があります。

中性脂肪を下げる?りんご
こうした事態を避けるには、正常値を超えた中性脂肪は下げる努力をする必要があります。
運動や食事制限などが有効ですが、食材によっては中性脂肪そのものを下げる効果があります。
青魚やお茶は有名ですが、実はりんごにもそういった作用があることが判明しています。
そのメカニズムはりんごに含まれるりんごポリフェノールという成分。りんごを食べることで、脂質を分解するリパーゼという酵素の活動が抑制されるので、脂肪にならずそのまま排出される割合が増加するというもの。コレステロールや体脂肪を下げる効果も期待出来るので、ダイエットにもお薦めの果物です。
ただ果物に含まれる果糖の取り過ぎも体に良くないので、過度に食べることは禁物です。

ページの先頭へ